PC内の余分なデータを削除することがありますが、それは条件がそろえばデータ復旧出来る場合もあります。なぜなら、コマンド操作でファイルを削除した場合、それはハードディスク上にデータそのものは残ってるけど、記録を管理しているインデックス(目次のようなもの)が失われている(消去されている)状態にすぎません。データを削除する場合、いちいち最小単位のデータを削除するような手間をかけず、先ほど言ったようなインデックス部分のみを削除し、再度自由に上書き可能な領域として登録しなおすという作業をします。新しいデータを記録する際は、新たなインデックスと共に上書き可能となった領域にデータを保存するというわけです。

たとえば録画済みのビデオテープがあったとします、ラベルには映画のタイトルなどが書かれているかもしれませんが、新しく「録画可能」というラベルに貼り替えて録画するのに似ています。ラベル(インデックス)を「保存用」から「録画可能」に貼り替えた時点では、以前録画したデータは残っていますよね。でも新しい映画を録画出来る状態でもあるのです。データ復旧とは、この録画可能というラベルに張り替えられたデータを、再び新しいラベルとともに映画を見れる状態として登録し直す作業だと言えます。

データ復旧の専門会社は、良心的で確かな技術で安心でした。

私は正常に動かなくなったハードディスク内から大切なデータを回収する為に、今回初めてデータ復旧の専門会社にお世話になりました。私が選んだデータ復旧の専門会社はインターネット上の口コミなどでとても評判が良くて、費用も良心的だったので安心でした。

正常に動かなくなったハードディスクは物理的なダメージを受けたものなので、私はデータ復旧の専門会社に預ける前からほとんど諦めていましたが、データ復旧の専門会社はプロの技術でデータを回収してくれたので、おかげで八割以上のデータが無事に戻りました。私はほとんど諦めていたデータが戻ってきて、データ復旧の専門会社の実力が本物だと実感して驚きましたが、そのデータの中には家族との思い出の記録などの二度と手に入れる事ができない貴重なデータも多く含まれていたので、私はとても嬉しかったです。今回の事で、私はハードディスクに保存するだけでなくバックアップを取る事も大切だと学んだので、今後は別の記録媒体も有効活用してデータのバックアップを取っておくつもりです。しかし、それでも絶対に安心という訳ではないので、今後ももしもの時は今回お世話になってデータ復旧の専門会社を頼りにしようと私は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です